有名猫

ギネスに登録された長寿猫たち

投稿日:2017年2月22日 更新日:

猫に関するいろんなお話を書いていこうと思っているこのブログ。
今回はギネスに登録された猫ちゃんたちについて取り上げてみたいと思います。

長寿世界一の猫

長寿世界一の猫をご紹介します。

認定されるも間に合わず

シャム猫のスクーター(オス・1986年生まれ、テキサス在住)が、2016年5月9日現在30歳で、最も長生きしている猫と認定されました。(しかしこの認定直前の4月に、残念ながらスクーターくんは亡くなってしまったそうです)

猫の平均寿命は15歳前後と言われています。
幼齢期は成長がとても早く、一年で人の17歳程度になります。二年で23歳、三年で28歳位になり、その後はだいたい一年で人の4歳分程度成長していくようですから、15歳だと76歳ということになります。
こう考えると、人の寿命と大して変わらないことがわかりますね。

さて猫の30歳はというと、人間の年齢に換算するとなんと約136歳に該当します。これは長生きですね~!

長生きの秘訣

飼い主さんによると、長生きの秘訣はいつも幸せな気持ちでいさせることのようです。
スクーターは新しい場所を探索することと、人が大好きだったそうです。きっと周りの人に大切に可愛がられていたのでしょうね。そして好きな食べ物はチキンだったそうです。

現在の世界一は?

今現在生きている世界最長寿猫は、2015年8月1日に26歳になったコーデュロイとされています。ですが、この子がまだ生きているかはその後のニュースになっていないようなので不明です。

歴代最長寿

ちなみに歴代で最長寿だったのは、2005年に38歳と3日で亡くなったクリームパフというメス猫だそうです。

38歳は人間でいうと168歳!!こんなに長生きした猫ちゃん、いったいどんな毎日を過ごしていたのでしょうね。

きっとストレスが少なく、気持ちのゆったりした猫ちゃんだったことでしょう。

(参照:ギネスワールドレコーズ

-有名猫
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2017年2月
    3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

writer紹介

運営者について
名前 小池ミカ
住所 川崎市川崎区浜町1-13-15
電話番号 080-4879-0167
メール lvablecat@yahoo.co.jp

かれこれ20年以上に渡って猫と暮らす。
最初の子はチンチラシルバーだったけど、毛の色にゴールドが少し混ざってしまったため売れぬ、という理由で某ショップオーナーに泣き付かれ、やむなく保護。そこで初めて猫との暮らしがスタートする。その子は19歳で大往生。

今いる子は純和猫の箱入りブチ男子と、
なぜか長毛の、茶白もとノラ女子の2名。

*このサイトには、アフィリエイト広告を目的とした記事も掲載しています。