猫って、こんな。 うちの猫

暴れん坊な猫の性格、途中で変わることもあるよ

投稿日:2017年2月24日 更新日:

猫ちゃんによって、いろんな性格の子がいますね。
甘えん坊で抱っこ大好き。
人見知りで隠れてしまう。
怖がりでちっとも触らせてくれない、などなど。

うちの子は和猫ですが、うちに来てすぐは暴れん坊で大変でした

有り余る子猫パワー

上に載っているものは、取りあえず全て落として壊す。壊れた破片でケガをしないかも心配でした。どこでも爪とぎ。何か音がすると、大声で鳴く。部屋のあっちもこっちも、猫キックでぼろぼろになりました。ダメと言ってもおかまいなしです。

家族と離された不安が暴れる行動に?

初めての場所で落ち着かなかったのと、親や兄弟から離されて不安だったのでしょう。以前飼っていた子とは性格も行動もまったく違っていたので、最初とても驚きました。もしずっとこの調子では、私の方が参ってしまうと思いました。

少しずつルールを作ることに

まず、出入りして良い部屋と立ち入り禁止の部屋を分けました。これで壊されたくないものを避難させることに成功。

次に、寝るときは猫ベッドがある部屋に隔離して、私の寝室に入らないようにしました。これで安眠確保です。

接し方にもメリハリを

そして、要望を叶えようとどんなに鳴いてもダメな時は知らんぷり。相手にしません。かなりしつこいですが、根くらべです。 笑
ダメだと諦めればそれで収まりますので、あとあと楽です。

でも可愛がるときは思いっきりかわいがります。褒めたり遊んだり、毎日たくさん笑顔で話しかけます。

そんな風にして3年ほどが過ぎ。

いまでは大の甘えん坊

気付いたら、とっても甘えん坊の良い子に育ちました。

大嫌いだった抱っこが、大好きに

今では自分から膝の上に飛び乗ってくるほどです。眠くなると、まず私の膝に乗せろとかわいくアピールします。そしてしばらくムニャムニャゴロゴロしてから自分のベッドで本格的に眠りにつくのです。

ママとして認めてもらえたようで、とても嬉しいです。

ボクが一番なんだからね

新しくうちに来た小さめの物は、自分より順位が下だと思うのか、最初たいていパンチされて床に落とされます。落ちた物を見下ろして、睨みを利かせています(笑)。テーブルに置いたタオルやコースター、パソコンのマウスとか。

猫に信頼してもらうには

猫と接するうえで押さえておかなければならいのは、猫の自由を尊重することだと思います。こちらが撫でたいときに撫でるのではなく、向こうから来たら可愛がるのです。

嫌がることは少しずつ

爪切りや歯のお手入れ、目やにを綺麗にしたりすることは、人からすれば当たり前のお世話です。でも猫にしたら、どうしてそんなことをされるのか分かりません。捕まえられてじっとしているなんて!こういった猫が苦手なことは、小さいうちから少しずつ慣らすのがいいですね。

平穏な毎日

そして、同じ毎日を過ごさせること。猫は変化が苦手です。朝起きたら撫でてくれて、そのあとお水をくれてご飯を食べて、というように、同じ順番で同じことをするのが好きなのです。

ちゃんと自分の面倒をみてくれる人のことは分かっているので、最初慣れなくてもだんだん心を開いてくれます。

いつの日か自分の飼い猫を抱っこするのが夢、という友人がいますが、きっと叶うと思います。懐かない猫ちゃんがいる場合も、あきらめないでくださいね。

-猫って、こんな。, うちの猫
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

猫のハゲ 原因と対策

季節の変わり目に猫の毛が抜け変わるというのは自然な現象ですが、 皮膚が見えてしまうほど毛が抜けてしまう場合は 何らかの問題があります。

キャットニップ キャットミント

猫が好きなハーブといえば、キャットニップ。キャットミントと同じものだと混同されている節もありますが、このふたつは別物なのです。

チンチラとペルシャ猫ってどう違う?

どちらも長毛でふわふわの猫ですが。 厳密にいうと、チンチラとペルシャはどのように分けられているのでしょうか。

猫の低温やけど 冬のお留守番方法

最近は、低温やけどという言葉がだいぶ認知されてきました。 特別に高温でなくても、長時間触れ続けることで 火傷をしてしまうというものですね。

猫の抜け毛対策 お掃除のコツ

猫を飼っている皆さんなら共通のお悩み、猫の抜け毛。お掃除してもあっという間に元通りですよね。

検索

2017年2月
    3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

writer紹介

運営者について
名前 小池ミカ
住所 川崎市川崎区浜町1-13-15
電話番号 080-4879-0167
メール lvablecat@yahoo.co.jp

かれこれ20年以上に渡って猫と暮らす。
最初の子はチンチラシルバーだったけど、毛の色にゴールドが少し混ざってしまったため売れぬ、という理由で某ショップオーナーに泣き付かれ、やむなく保護。そこで初めて猫との暮らしがスタートする。その子は19歳で大往生。

今いる子は純和猫の箱入りブチ男子と、
なぜか長毛の、茶白もとノラ女子の2名。

*このサイトには、アフィリエイト広告を目的とした記事も掲載しています。