猫って、こんな。 うちの猫

自分のお皿以外から水を飲みたがる猫のナゼ?を考える

投稿日:2017年3月9日 更新日:

猫はあまり水を飲まない動物とされています。

ですが飼い主としては健康で長生きしてほしいですから、
いろいろと工夫して何とか水を飲んでもらいたいわけですね。

水場の確認?

飼ってみて分かるのは、自分専用の水があるにもかかわらず別の場所の水を好んで飲むということです。

今まで飼った猫はどの子ももれなく洗面器から水を飲むのが大好きです。
その中の一匹はいつもお湯を所望しました。
洗面器に入れたお湯が冷めて冷たくなっていると「おゆ~~~」と鳴いて知らせます。いやほんと、そう聞こえるんですよ(笑)

人肌のお湯に入れ替えるまでずっと鳴くので、水を飲んでほしい私としては、要求通りにいそいそと取り換えるという次第です。

いつもと違うことしようかな

ではなぜ自分のボウル以外の水を飲みたがるのでしょうか?直接猫には聞けませんからあくまで人間の想像で考えてみたいと思います。

・気分転換
・ちょっと特別な感じ
・そこにあったから
・自分のボウルの形が嫌

うちのは洗面器の他に、お供え用の水を入れている小さなおちょこからも、それとは知らずよく飲んでいます(笑)。これには理由があるのです。

まだ赤ちゃんだった頃、食べる量が少ないのでおちょこにウェットフードを入れて食べさせていたのです。たくさん食べられるようになってからは普通の大きさの器に変えたのですが、きっとその頃のことを覚えていておちょこは自分用だと思っているのかもしれません。

ニオイが気になる

・水質やカルキが気になる
・ボウルを洗った洗剤の臭いが残っている

こんな感じでしょうかね?

猫はものすごく鼻が利きますからわずかなニオイでも気になるのかもしれません。浄水器を通した水とそのままの水道水では味がまったく違いますよね。でも、もしそうだとすると洗面器の水は浄水器を通していませんからちょっとつじつまが合いませんが。

そして洗剤のニオイ。これはあると思います。
うちでは普段、猫の食器を洗うのに洗剤とスポンジを使うのはやめています。お水用だけでなく、フード用のもスポンジを使わないで、手と水で洗って拭くだけ。そしてたまに水垢落とし専用の使い捨てスポンジで洗います。

衛生面にも配慮を

そしてボウルは陶器の物を使っています。プラスチックより衛生的ですし安定感もあります。餌はカリカリ専門なのですが、脂分が落ちないのではないかと最初は心配したのですが。でも水だけで洗ってみると全く問題なく洗えることが分かりました。きゅきゅっと音がするくらいピカピカになります。

ウェット中心だったり油汚れが気になる方は、匂い控えめな食器用の石鹸ならいいかもしれませんね。

お手入れは楽なのがいい

猫の水飲みグッズで循環式のものがありますが、あれはお掃除が大変そうですね。赤いカビとか水垢とか、気になります。フィルターを通していつでも美味しく新鮮、が売りだったと思いますが。余計なものを使わない方がいい気がします。

水道から直接飲む すごワザ

猫ちゃんの中には水道から直接飲める子もいますよね。
うちもどうかな?と試しにやってみましたが、どうして蛇口から水が出てくるのか全く理解できないようでした。

ボウルにたまる水や跳ねる音に気を取られ、ポチャポチャと跳ねる水が何か動くものに見えたようで手を出して捕まえようとしたり。上から覗き込んでみたり蛇口の真下に頭を入れてびしょびしょになったり。

飲むということは頭に浮かばなかったみたい。かわいかったです^^

水を飲んでくれればまぁなんでもいいよね

まぁ、外にいる猫は水たまりの水なんかを飲んでいる訳ですから、衛生面はそれほど神経質になる必要はないと思います。

猫たちが毎日楽しく穏やかに過ごし、お水をちゃんと飲んで健康でいられるよう願うばかりです。

-猫って、こんな。, うちの猫
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

室内飼いの猫のテリトリー ノラと窓越しに主張し合うの巻

我が家のオス猫は、外に出たことがありません。 母猫はノラでしたが、お産の時に道行く人を頼って助けを求め、なんと動物病院で出産しました。

猫風邪とは?原因と気を付けること

猫風邪という言葉、猫を飼っている人なら聞いたことがあるはず。 だけどいったいどんなものなのか、ご存知ですか? いざというときに慌てないよう、ちゃんと知っておきましょう。

猫のハゲ 原因と対策

季節の変わり目に猫の毛が抜け変わるというのは自然な現象ですが、 皮膚が見えてしまうほど毛が抜けてしまう場合は 何らかの問題があります。

猫の爪とぎ どんな風にさせてる?

猫に必須の爪とぎグッズ。いろんなタイプが販売されていますね。 こちらが用意したものが気に入らず、使ってくれないなんていうこともよくあります。

猫の首輪 メリットとデメリット

飼い猫に首輪を付けるか付けないか。 どうするか迷う方も多いのではないでしょうか。 今日は首輪を付けることのメリットとデメリットを 考えてみたいと思います。

検索

2017年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

writer紹介

運営者について
名前 小池ミカ
住所 川崎市川崎区浜町1-13-15
電話番号 080-4879-0167
メール lvablecat@yahoo.co.jp

かれこれ20年以上に渡って猫と暮らす。
最初の子はチンチラシルバーだったけど、毛の色にゴールドが少し混ざってしまったため売れぬ、という理由で某ショップオーナーに泣き付かれ、やむなく保護。そこで初めて猫との暮らしがスタートする。その子は19歳で大往生。

今いる子は純和猫の箱入りブチ男子と、
なぜか長毛の、茶白もとノラ女子の2名。

*このサイトには、アフィリエイト広告を目的とした記事も掲載しています。