猫って、こんな。

しっぽや体勢で会話してるんにゃ

投稿日:2017年3月11日 更新日:

ねこは、鳴き声だけでなく
しっぽや体勢で会話することが知られています。

猫なんてよんでもこない、と言われるように名前を呼ばれていることがわかっていても
気分が乗らなければ人の要望に応えてはくれません。

自分を貫いているところが猫の魅力のいいところ。
猫好きな人にとってはそこがまた魅力なんですよね~
自分の意見をちゃんと持った自立した一人前の人間のようです。

呼んでもそっぽを向いて知らんぷりしているようですが。
実はちゃんと反応したりしています。

耳の動きにも注目

猫の気持ちを読み取りやすいのは、しっぽや耳の動きですね。

普通の状態では、耳は自然に前を向きしっぽは自然に垂れています。
そして背中は平らに真っ直ぐです。

警戒の体制にも段階があります。
少し警戒したりムッとしている程度の時は、耳がやや横を向いたり
しっぽを水平に上げ、左右に振ったりします。

立ち止まって睨みをきかせていることも。
猫は動くものに反応しますので、しっぽを振ることで
遠くにいる相手からもよく見え、存在感を示すことが出来ます。

恐怖心が出たりしてやや弱気になると立ち止まって腰が引け気味になったり、耳が後ろ向きになったりします。

見てすぐわかる体勢でアピール

体勢を低くするというのは警戒している姿勢です。
ここから自分の負けを認めてさらにうずくまってしまうか相手に強気の姿勢を見せるか、迷って様子を見ている状態かもしれません。

ちょっと怖いけど負けるもんか!のとき

体勢は、耳はぺったんこですが
自分を大きく見せようとして横向きになり、下半身を高く上げます。
この時、上半身を高くしているほど強気度は上がります。

相手を威嚇しているのですね。将来有望です。

強気の威嚇

猫が強気で威嚇している姿勢というのはパッと見分かりにくいかもしれません。相手をじっと見つめ耳は横を向いて、体も脚もまっすぐ伸ばしています。

堂々とにらみを効かせているのですが普通にただ立っているだけのようにも見えますね。
しかし猫には「アイツ強そう~」とちゃんと分かっているのです。

怖いと固まって動けない

恐怖に震えるような時は、うずくまったような姿勢で自分を小さく見せ、逃げるきっかけを探します。

頭を後ろにさげて、この姿勢から飛び掛かれないことは一目瞭然。
耳なんて後ろにぺったんこです。

小さい子猫が体の大きな大人の雄猫に出くわした時など
こんな姿になってしまいます。

気持ちは汲んであげたい

さぁ、こんな時でも子猫ながらに気の強い子もいる訳でして。

腰は引けているのですが、オスの子猫など精一杯頑張っていることもあります。絶対に届かない、その場で前脚をパタパタするだけの
空振りの猫パンチを繰り出したりするんですね~。
ビビリまくりのエア猫パンチ(笑)。本人は必死ですよ。けなげでかわいいです。

猫の順位は体格でほぼ決まる

猫の順位はあっという間に決まります。
体の大きさがそのまま順位になっていることが多いです。
自分で自分の強さ弱さが分かっているんですね。

餌を食べる順番なども決まっています。
自分より上位の猫には敬意を払うのですね。
そうでないと、シャーシャー威嚇されてバカにされてしまうのですね~

こうしてルールを覚えていくのです。

しっぽの動きに注目してみよう

それでは次は、しっぽの動きによる猫の気持ちです。

あ~ん怖いよぅ。のとき

負けるもんかの体勢でも、もししっぽがブラシのように太く広がっていたら。

それは恐怖を感じていることを表しています。
ブラシッポというやつですね~

これは、急に何か大きな音がして超絶に驚いたりしたときにも見られます。
鳥肌が立っているような感じでしょうか。

短毛猫でも本当に太くなるので人間の方もびっくりするほどです。
子猫のときの方が見られる機会が多いかもしれませんね。

しっぽをピンと立てているとき

これは機嫌がいい時ですね。

母猫にお尻を舐めてもらったときや
迷子にならないよう見つけてもらうためしっぽを高く上げていたので

その時の母親に甘える気持ちと飼い主さんに甘えたい気持ちが重なって
ピンとあげるという訳です。

しっぽを振っているとき

これは慣れないとちょっと紛らわしいかもしれませんね。

犬はご機嫌な時にしっぽを振りますが猫は逆です。

ブンブンと早めのテンポで振っている時は機嫌が悪いことが多いです。

例外もある

うちでは、抱っこしてゴロゴロ言っている時にしっぽを振るのです。

なんでかな?と思いますが、もしかしたら、私のことを
しっぽでぽんぽんと撫でてくれているのではないかと。

いつも抱っこする時は猫のお尻をぽんぽんするのです。

抱っこ=ぽんぽん です(笑)

面倒くさい時の返事

声をかけたりしたときに、顔をあげて振り向きはしないけど
しっぽを振ることがありますね。眠いときや気になるものがあるときなんかによくしています。

これは、面倒くさがりながらもしっぽで返事をしてくれています。
「はいはい、聞こえてるって」「もう。いま忙しいんだよ」という感じかもしれません。

こういうところも、人間と対等に生きていて可愛いですね。

-猫って、こんな。
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

猫の首輪 メリットとデメリット

飼い猫に首輪を付けるか付けないか。 どうするか迷う方も多いのではないでしょうか。 今日は首輪を付けることのメリットとデメリットを 考えてみたいと思います。

猫が最高にクサそうな顔をするワケ

猫は、においを嗅いでいろんなものの確認をしています。嗅いだとたん、クッサ~!という顔をしているのを見たことはありますか? その理由についてお話ししたいと思います。

猫はだらだら食いする生き物なのだ

犬と猫の食べ方の違い 犬は与えた分だけ一気に完食。 あっという間に綺麗に食べて 見ているこっちも清々しいほど。 一方の猫はちょこっと食べて、気が向いた時また食べる。

猫の爪とぎ どんな風にさせてる?

猫に必須の爪とぎグッズ。いろんなタイプが販売されていますね。 こちらが用意したものが気に入らず、使ってくれないなんていうこともよくあります。

猫カフェで猫に好かれる方法と挨拶の仕方

みなさんは、猫カフェに行ったことはありますか?

検索

2017年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

writer紹介

運営者について
名前 小池ミカ
住所 川崎市川崎区浜町1-13-15
電話番号 080-4879-0167
メール lvablecat@yahoo.co.jp

かれこれ20年以上に渡って猫と暮らす。
最初の子はチンチラシルバーだったけど、毛の色にゴールドが少し混ざってしまったため売れぬ、という理由で某ショップオーナーに泣き付かれ、やむなく保護。そこで初めて猫との暮らしがスタートする。その子は19歳で大往生。

今いる子は純和猫の箱入りブチ男子と、
なぜか長毛の、茶白もとノラ女子の2名。

*このサイトには、アフィリエイト広告を目的とした記事も掲載しています。