猫って、こんな。 はじめての猫暮らし

猫の首輪 メリットとデメリット

投稿日:2017年3月21日 更新日:

飼い猫に首輪を付けるか付けないか。

どうするか迷う方も多いのではないでしょうか。

今日は首輪を付けることのメリットとデメリットを
考えてみたいと思います。

首輪をするメリット

これはもう、一目見て飼い猫だと分かるということです。

万一脱走しても、首輪さえしていれば
誰かが世話をしていることが一目瞭然です。
保健所に連れて行かれることはないでしょう。

飼い主の電話番号を記入できるものや
チップを埋め込んであるものもありますので
何かあった時に外部の人が知らせてくれるというのも
とても大きなメリットですね。

対してデメリット

猫が嫌がる場合があるということです。

猫はグルーミングにじゃまなものがあると嫌

襟の形やバンダナを巻いたような首輪がありますね。
とても可愛いのですが
普段ずっとそれをさせるのは無理があると思います。

大きいタイプは、写真を撮る時だけにしましょう。

なんなの、この音

慣れていないと鈴の音を嫌がる子も多いです。

振り払おうと首を振ると、更にチリンチリンうるさいという。
ストレスになるでしょうね。

成長に合わせてサイズ調整の必要がある

適正なサイズでないと首が締まってしまいますので
子猫の時に首輪をしたまま行方不明にでもなってしまうと
体が大きくなったとき苦しいですね。

だいたい指が二本位入る余裕をみて調整します。
ゆるくては抜けてしまいますし
どんな体勢の時でも苦しくないことが大事です。

人の配慮がかえって仇に?

市販されている猫用の首輪には
ほとんどと言っていいほど
鈴が付いています。

そして、外猫が茂みや狭い場所に潜って
枝などに引っかかって窒息しないように
というような理由で、最近は
一部がゴム仕様になっているものが多いですね。

これ、室内飼いの猫には
どちらも必要ない
と思います。

小さい頃から付けていれば平気

家には猫が二匹います。
一匹は生後一カ月でうちに来ました。

この子にはすぐに鈴付きの首輪を付けました。
脱走する心配はあまりありませんでしたので
ゴムなしの仔猫用です。

付けて最初の数時間は気にしていましたが
すぐに慣れてくれました

鈴の音に対するストレスなども
感じていないように見えます。
なので、大人になった今も鈴付きです。

元ノラはちょっと時間がかかりました

もう一匹は、大人になってから保護しました。

この子にも、あまり深く考えずに
首輪を付けました。
今にも脱走しそうだったので
万一の場合も飼い猫だと分かるようにするためです。

最初に付けた首輪は鈴付きで、部分的に
ゴムになっているタイプでした。

この子が、ちょっと油断した隙に脱走しました。

すぐに追いかけましたが、
近くまで行けても捕まえることが出来ませんでした。

このとき、捕まえようとする私から何度も逃れて
うまく隠れたと思ったのに
鈴の音で私に気付かれてしまうことに
イライラしている
のが分かりました。

私には助けになりましたが、
猫にとってはさぞや迷惑だったことでしょう。

まだ家の場所も覚えていない状態でしたので
心配しましたが、つい先日までノラだったのです。

なんとか生き延びてくれるだろうと思い
私は一旦諦めて様子を見ることにしました。

再度保護するまでの間、気が気じゃなかった

一カ月ほどして無事再度保護することが出来ましたが
その時には、付けたはずの首輪は外れていました。

ゴムがあるので伸びますから
格闘しつつも外したのでしょう。

枝に引っかかって身動きとれずに窒息するよりはいいけれど。
これでは意味がないなぁと思いました。

室内飼いにおすすめの首輪

そして次に私がどんな首輪を選んだかというと
小型犬用の首輪です。

それならゴムも鈴も付いていませんので
お互いにとってのストレスを軽減できます。

装着してすぐは、ひっくり返って
脚で首輪をケリケリしていましたが
それも数時間で終了です。

気をそらすために、慣れるまではたくさん遊んであげよう

この時点で「首輪を嫌がってる」と判断し
付けるのをあきらめてしまう方もいるようですが
少しすれば慣れてくれます。

首輪をする主な目的は、迷子にならないようにすること

付けても付けなくても飼い主さんの判断で
どちらでもいいと思いますが、

私は、脱走癖のある子の場合は
首輪をしていた方が安心
かなぁと思います。

そして、とにかく脱走できないよう
それまでより気を付けるようになりました。

自分では満足にグルーミングできない
首輪の下を、丁寧になでてあげると
気持ちが良いようでとても喜びます。

ご自分の猫ちゃんの様子をみながら
試してみてください。

-猫って、こんな。, はじめての猫暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

猫風邪とは?原因と気を付けること

猫風邪という言葉、猫を飼っている人なら聞いたことがあるはず。 だけどいったいどんなものなのか、ご存知ですか? いざというときに慌てないよう、ちゃんと知っておきましょう。

猫の行動範囲

猫の行動範囲ってどれくらいか知っていますか? 実はそれは、 オスかメスか。 餌がどれくらいある地域か。 飼い猫かノラかなどによっても違うのです。

猫が最高にクサそうな顔をするワケ

猫は、においを嗅いでいろんなものの確認をしています。嗅いだとたん、クッサ~!という顔をしているのを見たことはありますか? その理由についてお話ししたいと思います。

暴れん坊な猫の性格、途中で変わることもあるよ

猫ちゃんによって、いろんな性格の子がいますね。 甘えん坊で抱っこ大好き。 人見知りで隠れてしまう。 怖がりでちっとも触らせてくれない、などなど。 うちの子は和猫ですが、うちに来てすぐは暴れん坊で大変で …

猫の年齢 何歳か分からないときの確かめ方

あなたの猫は何歳ですか? 家族として猫を迎えることになった場合、今何歳なのかというのはとても大事なことです。年齢によって与える餌も違いますし、普段のお世話も変わってくるからです。

検索

2017年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

writer紹介

運営者について
名前 小池ミカ
住所 川崎市川崎区浜町1-13-15
電話番号 080-4879-0167
メール lvablecat@yahoo.co.jp

かれこれ20年以上に渡って猫と暮らす。
最初の子はチンチラシルバーだったけど、毛の色にゴールドが少し混ざってしまったため売れぬ、という理由で某ショップオーナーに泣き付かれ、やむなく保護。そこで初めて猫との暮らしがスタートする。その子は19歳で大往生。

今いる子は純和猫の箱入りブチ男子と、
なぜか長毛の、茶白もとノラ女子の2名。

*このサイトには、アフィリエイト広告を目的とした記事も掲載しています。